室内の空気汚染が生後一年未満の赤ちゃんに与える影響は?

/, ベビー&室内空気質(IAQ)/室内の空気汚染が生後一年未満の赤ちゃんに与える影響は?

室内の空気汚染が生後一年未満の赤ちゃんに与える影響は

あなたの赤ちゃんがどんな空気を吸っているか知っていますか?

「米国環境保護庁は、室内の空気汚染度が屋外の空気汚染度の最高5倍の数値であると推定しています。」

乳幼児は体重に対し、より高い割合の汚染物質を吸い込んでいます

生まれてから8歳になるまで、子どもの肺は1000万から3000万の肺胞(素早くガス交換をするための肺の中にある袋)をつくります。この時期の子どもが吸う空気は、彼らの免疫力の発達や将来的なアレルギーの予防に大きく関わります。この成長期における室内の空気汚染は、肺の構造と機能の両方に悪影響を与えることがわかっています。

「成長中の子どもの肺は抵抗力が十分でないため、空気中の有害物質が気道上皮(異物に触れる可能性のある体の表面を覆う密集した細胞の層)に浸透しやすいのです。」

赤ちゃんが吸い込んでいる目に見えない汚染物質の目に見える影響

室内空気汚染は赤ちゃんの人生に多大な影響を与えます。以下が注意すべき一般的な症状です。

室内の空気汚染が赤ちゃんに与える影響

  • 風邪
  • インフルエンザ
  • クループ(呼吸困難や咳などを伴う喉や気管の炎症)
  • 気管支炎

…これらに比べ、喘息や肺炎はさらに深刻です。

室内の空気汚染が赤ちゃんに与える影響

安心できる空気環境をつくりましょう。

親であれば誰しも、咳をしたり風邪を患った子の看病で眠れない夜を過ごすことがあります。しかし、その症状を引き起こしている原因が子どもを取り巻く空気かもしれない、ということに気づく人はそう多くありません。汚染物質は私たちの知らぬ間に呼吸器系に影響を与え、アレルギーに対する抵抗力を弱めます。

だからこそ、あなたの赤ちゃんがどんな空気を吸っているかを知ることが大切です。室内空気質モニターは空気中のガスや粒子を感知し、赤ちゃんを取り巻く空気が安全であるかを教えてくれます。

多くの人は、室内空気汚染が特に生後一年未満の赤ちゃんに与える影響を見過ごしがちです。それは窓を開けて空気を入れ換えるなど、実は簡単な行動によって軽減できることかもしれません。ただし、赤ちゃんに快適な室内環境を提供するためには、いつ、何をすべきかを知ることが必要なのです。

室内の空気汚染が赤ちゃんに与える影響

Leave A Comment